Top > 現金化 > 信用情報機関とブラックリスト

信用情報機関とブラックリスト

信用情報機関というものは、時折ブラックリストという形で考えられることがあります。

実際には、ブラックリストというものは存在しません。

ブラックリストが、借入れに際して大きな影響を与えるということはなく、売買されているということもないのです。

ですが、信用情報機関には、過去5年間の取引履歴が残されていることは間違いありません。

この情報は、加盟している金融機関で共有することができ、審査した履歴も残されることになります。

もちろん、返済が滞ったりしたときや、破産申請した場合も残されることになるのです。

信用情報機関にある情報から審査をしますので、借入れができないことが出てくるのは、このせいであるといえるでしょう。

 

クレジットカードの現金化の場合には、こうした情報を必要としません。

借り入れるわけではなく、ショッピングの延長にあるからです。

だからこそ、信用情報に問題があって借入れを起こせないような場合においても、必要な現金を用意することができるといえるでしょう。

 

ただし、返済がなくなるわけではありません。

ショッピングした分の返済は付いてきますので、この支払いを滞ったりさせないことが大切です。

ここで失敗したりすることになれば、信用情報機関に対して情報が送られ、5年間消えないものとして残ってしまいます。

ブラックリストなどというものはこの世の中に存在しませんが、もっとしっかりしたものがあることは忘れてはいけないのです。

現金化

関連エントリー
信用情報機関とブラックリスト